検索

レターパックと簡易書留の違い3

簡易書留は5万円までの補償があります。

レターパックプラスやレターパックライトには補償がありません。


5万円以内のもので補償がいる場合は簡易書留で送りましょう。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示